コルシカのチーズ、フルール・デュ・マキ


ちょっと珍しい羊乳のチーズを入手しました!

フランスの南に浮かぶコルシカ島といえば、ナポレオンの生誕地として知られていますよね。ここはまさに羊の島で、島の人口25万人に対して羊がなんと15万頭もいます。

この地で造られるフルール・デュ・マキは直訳すると『潅木に咲く花』という意味で、羊の乳で作ったチーズにローズマリーやセージ、サリエット(キダチハッカ)などのハーブをびっしりとまぶして熟成しています。

熟成が進むとハーブの風味が中まで染み込み、羊乳の優しい酸味と甘味に馴染んできます。

この時期は南フランスや南イタリアの赤ワインを、少し低めの温度で合わせたいですね。

本日のおすすめ料理はこちらから
https://goo.gl/DvpfYQ

top_img01
― 横浜 関内の隠れ家的ワインバー ビストロマール ―

ビストロマール ホームページ
http://www.bistro-marc.com/

友だち追加